夜ご飯を食べない「夕食抜きダイエット」朝食はどんなものを食べたらいい?

 

1日3食のうち夜ご飯を食べない「夕食抜きダイエット」。

 

続けていたら結果がキチンと出てポッコリとしたお腹も解消しました。

 

「夕食抜きダイエット」で成功して理想のカラダを手にいれるためには、朝と昼の食事はとても大事!

 

「夕食抜きダイエット」をはじめるときに、どんな朝食がいいのか試行錯誤しましたが、今はほぼ定番のメニューになっています。

 

1日2食にしてから4年目になる私の朝食のメニュー、そして気をつけていることなどを紹介したいと思います。

 

これが夕食抜きダイエットを実践中の朝食のメニュー!

 

「夕食抜きダイエット」を続けることで、なんと、二十歳のころの体重に戻すことができました!

 

 

そんな私が毎日食べている朝食のメニューはこんな感じです。

  • スープ(トマトベース、玉ねぎ、にんじん、セロリ、水煮大豆、コンソメ)
  • サラダ(トマト、ブロッコリスプラウト、ゆで卵、蒸し鶏、黒にんにく)
  • 食パン
  • 豆乳
  • 黒酢
  • ヨーグルト
  • 乳酸菌飲料

 

朝食の時間はだいたい7時。前の日の午後2時くらいから水分以外はとりません。

 

ですが、「お腹が空いて死にそう~」みたいなことはないです。

 

昔は胃腸が弱かったのですが、「夕食抜きダイエット」を始めたら調子が良くなって、朝食も美味しく完食できています。

 

夕食抜きダイエット中の朝食で気をつけていること3つ!

 

「夕食抜きダイエット」は夜ご飯を1食抜くだけですが、朝食と昼食をきちんと摂ることが、ダイエットを長く続けるための大事なポイントだと思います。

 

前日の午後から16~17時間あけて食べるので、朝食では気をつけていることが「4つ」あります。

 

①栄養のバランスを考えたメニューにする

 

朝食で気をつけていることの一つ目は、「栄養のバランス」がとれたメニューにすることです。

 

それは、

  • タンパク質
  • ビタミンやミネラル
  • アミノ酸
  • 食物繊維

などの栄養素です。

 

朝は何かと忙しいので朝食は簡単に済ませたいところですが…

 

菓子パンとコーヒーをサッと食べて終わりみたいな食事にならないように気をつけています。

 

理由としては…

  1. 簡単なメニューにしてしまうと間食がふえたりしてダイエットが続きにくい
  2. 栄養が不足した状態で、夜ご飯1食を抜くことを続けると体に良くないダイエットになってしまう

からです。

 

②スープ、サラダ、炭水化物(パン)の順番で食べる

 

食事の時には「食物繊維⇒タンパク質⇒炭水化物」の順番に食べることを意識しています。

 

最初に野菜のスープ、次に卵や鶏ムネ肉の入ったサラダ、最後にパンという感じです。

 

16~17時間くらい空けての食事なので、血糖値が上がりにくいといわれている順番にしました。

 

最初に野菜のスープを飲むと体にしみる感じがして、体調がとても「整う」のを実感します。

 

③乳酸菌類を必ずとる

 

夕食抜きダイエットをするときの朝食では「食物繊維」を意識していますが、あわせてヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌類を必ずとるようにしています。

 

腸内環境が良くないと、ダイエットの効果が上がりにくかったり、便秘になったりしがちだからです。

 

以前はお腹の調子がすぐれませんでしたが、今はとても快調です。

 

「夕食抜きダイエット」向けの朝食にしてから実感していること

 

夜ご飯を食べない「夕食抜きダイエット」をはじめるにあたって、栄養バランスがとれたメニューにして、しっかり量を食べるようにしました。

 

今も「夕食抜き」の1日2食は変わらず、朝食も同じメニューにしていますが、実感していることが3つあります。

 

①腹持ちがよいので午前中は十分にもつ

 

夜ご飯を食べないのですが、朝起きたときにお腹が空きすぎたという感じはまったくありません。

 

朝食はかなりしっかりと食べられます。

 

しっかり食べられるのでお腹が満たされて、午前中は十分にもちます。

 

腹持ちがよいので、余分な間食などをすることもなくなりました。

 

②食べ物の味をしっかり感じられるようになった

 

「夕食抜きダイエット」を始めてから、一つ一つの食材の味がしっかり感じられるようになってきました。

 

味や香りをしっかり感じながら食べることができるので、満足感があります。

 

 

朝食を美味しく食べることで、体調もベストに整って一日をスタート出来ている感じがします。

 

③胃もたれすることがなくなった

 

以前の朝食はウィンナーやハム、ベーコンなどと、卵も油で調理するオムレツや目玉焼きがメインのメニューでした。

 

朝から脂肪分多めのメニューが関係していたのか、けっこう胃がもたれることが多く、「逆流性食道炎」と診断されたこともあります。

 

ですが「夕食抜きダイエット」を始めて野菜中心の朝食にしたところ、胃もたれを感じることがなくなりました。

 

食事の量としてはしっかり食べていますが、重い感じがないので快適です。

 

そして胃腸の調子が良いのでダイエットでストレスを感じることなく続けることができています。

 

「夕食抜きダイエット」成功のカギは朝食にあり!

 

今までいろいろなダイエットに挑戦してきましたが、効果がイマイチだったり長続きしないことがほとんどでした。

 

夜ご飯を食べずない「夕食抜きダイエット」は効果がはっきり出るので、三日坊主の私でもできるベストなダイエット方法です。

 

夕食抜きダイエット成功のカギは、朝食から栄養バランスと食事の量をしっかりとるように心がけることだと思います。

 「夕食抜きダイエット」向けの朝食のデメリットと私が見つけた解決策とは!?

 

朝から栄養のバランスを考えた食事をとることで、くじけずに「夕食抜きダイエット」を続けることができています。

 

体の調子も良く、年齢の割には体力的に頑張りがきいているという実感も。

 

これも食生活を見直した成果かと思うのですが、ただ一つ、デメリットが…

 

それは…

 

「食事の準備と買い物がめんどう!」なことです。

 

食材の買い出しも食事の準備もある程度まとめるようにしていますが、毎週、毎週は正直言って大変。

 

スープを毎日作るなんて出来ないので、休みの日に作り置きするようにしています。

 

ところが忙しい時や急な予定が入ってしまったときなどは、作るのをあきらめることもしばしば…。

 

でもバランスのとれた朝食はつづけていきたい!

 

何か良い方法はないか探していたら、見つかったのが「BASEFOOD(ベースフード)」です。

からだに必要なもの、全部入り。BASE FOOD

1日に必要な栄養素の1/3がとれる「完全栄養食」というのがうれしいですね。

 

調理の手間もいらないので時間の節約になっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です